スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブタウン仁川

2012年07月16日 09:09

R0032236.jpg

R0032201.jpg

このマンションは、ライブタウン仁川です。
仁川駅から北西へ徒歩4分、宝塚市仁川宮西町にあります。
このマンションの魅力は、駅近の利便性もさることながら、この「弁天池」沿いの立地!
ポンドサイド?! バルコニーからは目の前の池越しに、甲山、六甲山が望め、開放感いっぱい!この山々は、季節ごとにどんどん色が変わって、季節感もいっぱい!新緑と紅葉はほんとうにきれいです。


R0032239.jpg
弁天池沿いの遊歩道

R0032215.jpg
遊歩道は、格好のお散歩コースになっています。


弁天池は、ふちが不規則に、そしてゆったりとカーブし、池沿いには風格のある邸宅や、石灯籠などもあって、ちょっと和風で、絵になる景色。いつもなにかの鳥がいて、ベンチに座って、ぼ~と眺めてしまいます。ちなみに池沿いの掲示板によると、飛来する鳥は、サギやカモ、カイツブリ、セキレイ、カワウ、カワセミなどらしいです。割とおなじみの鳥たちですね。もう一つの掲示板には、民話が書かれていて、どうも「坊主頭!?」のヌシがここには住んでいたそうです。

R0032212.jpg
池沿いにはお屋敷が並んでいます。

R0032242.jpg
甲山と六甲山

R0032194.jpg
公園から見たライブタウン仁川


建物は四角い大小の箱を積み重ねたような低層3階建て。バルコニーの手すりも四角くくり抜かれ、四角窓(当たり前)は真ん中にフィックス窓、両脇に外に向かって開く窓。このカクカクした感じがとてもいいです。
敷地の周囲は、邸宅にあるような生け垣に囲まれ、所々に駐車場が配置されています。また敷地東側には道を挟んで、阪急今津線が走り、このライブタウン仁川は、電車からもよく見えるので、ちょっとしたランドマーク的な存在です。

R0032193.jpg
南側から見た外観

R0032209.jpg
一部敷地の形に合わせて、雁行設計になっています。

R0032230.jpg
シンプルなデザイン

R0032233.jpg
敷地東側を走る阪急今津線



仁川の駅前は、約10年ほど前に再開発が終わり、駅前のビル(さらら仁川)の中には、コープ仁川や専門店、仁川駅前サービスステーション、各種文化施設などが入り、とても便利。駅のすぐ南側を流れる仁川は、渇水することもありますが、水が澄んでいて、心和みます。
ライブタウン仁川は、総戸数が27戸と少なく、売り出しも少なめ。広さは77平米から100平米を超える住戸もあり、全体的に広め。
エレベーターはありませんが、全部屋が6帖以上のゆったりとしたプランで、4人~5人のファミリーや二世帯の家族にも花まるです。


ライブタウン仁川の概要
所在:宝塚市仁川宮西町
交通:阪急「仁川」駅徒歩4分
築年数:昭和54年5月
総戸数:27戸



大きな地図で見る

ファミール宝塚グランスイートタワー

2012年05月19日 19:20

R0030904.jpg


このマンションは、ファミール宝塚グランスイートタワーです。
阪急宝塚南口駅から北へ武庫川を渡って徒歩5分、宝塚大劇場、宝塚音楽学校、手塚治虫記念館、宝塚ガーデンフィールズなどに囲まれた、まさに宝塚観光の中心地にあります。
観光プロムナードと呼ばれるクラシカルな外灯の並ぶ通りには宝塚ジェンヌや宝塚音楽学校の生徒さんの姿も時折見られ、劇場の公演日には出待ちの人がわんさかいらっしゃいます。宝塚市は、通りから一本中に入れば静かな住宅地になっている事が多く、一般的にはそれがメリットですが、逆にこのマンションの魅力の一つは、表通りに面した駅前のにぎわいを感じながら生活が出来ることではないでしょうか。


R0030855.jpg
宝塚大橋とファミール宝塚グランスイートタワー

R0030899.jpg
観光プロムナードに面し、すこしにぎやかで、活気があります。


今ではずいぶん周辺に高層のマンションが増えましたが、このマンションが出来た当時は、こんな所にこんな背の高いマンションが出来るんだと驚きました。市内のあちこちから見えるその姿には、当初違和感さえありました。しかし宝塚大劇場のすぐ横ということもあって、大劇場の意匠に合わせて作られたスパニッシュ風の赤茶色の屋根やベージュのタイル張りの外壁は、周囲と統一感があり、今ではすっかり宝塚のランドマークの一つで、宝塚らしい街並形成に一役かっています。


R0030934.jpg
敷地西側と南側に隣接する宝塚大劇場と宝塚音楽学校


最近できた周辺の高層マンションやタワーマンションは、全般アーバンで、シャープな外観のものがほとんど。しかしこのファミール宝塚グランスイートタワーは、外観のほか、棟内もすこしクラシカルなホテルのようなイメージ。それもそのはず、エントランスホールのデザインは、世界各国の有名ホテルのデザインを手がけるデュランメディアファイブ。アールヌーボー調のエントランスホールやエレベーターホール、内廊下(インナーコリドー)などはホテルライクで、とてもラグジュアリーです。(中に入ると、気持ちのよい緊張感があって、無意識に少し背筋が伸びます。)


R0030875.jpg
2階テラスに続く階段

R0030895.jpg
天然石を使った基壇部分(1階・2階) 2階にはカフェラウンジがあります。

R0030882.jpg
北側エントランス

R0030884_20120519183500.jpg
もちろんテレビモニター付きのオートロックです。

R0030824.jpg
アールヌーボー調の吹き抜けの白いエントランスホール。自動演奏のピアノがあります。

R0030820.jpg
エントランスホール2階にある談話スペース

R0030817_20120519190918.jpg
内廊下(インナーコリドー)

エントランスホールには管理人さんの他、様々な取り次ぎサービスや共用施設の予約などさまざま要望に応えてくれるコンシェルジュさんがいらっしゃいます。用事がなくても、こんな人が迎えてくれるだけで、ちょっと贅沢で、くつろいだ気分になります。
棟内には、ホテルのロビーのようなカフェラウンジやフィットネスジム、パーティールームなどがあって、エレベーターで移動するだけでお茶が楽しめたり、体を気軽に動かす事ができます。
また自転車好きに、うれしいのは屋内の自転車置き場。地下1階、1階、2階の3フロアに設置され、なんと専用エレベーター付きです。屋外に比べ盗難の可能性が低く、自転車をわざわざ室内に運ぶ必要がありません。(その分お部屋も広く使えます。)


R0030887.jpg
専用エレベーター付きの駐輪場

R0030880.jpg
1階には店舗もあります。

R0030877.jpg
敷地の約29%が公開空地で、樹齢400年といわれる大きな楠があります。

R0030889.jpg
エントランス横のウォーターガーデン


お部屋の間取りタイプは、バリエーションが多く、9階までの下層階には50平米台の1LDKが多く、最上階には150平米を超えるペントハウスもあります。

ファミール宝塚グランスイートタワーは、いつでも好きな時に宝塚歌劇を楽しみたい「塚ファン」はもちろん、少し都会的で、しかも緑に囲まれた住環境を望む幅広い方々に花まるです。阪急今津線、阪急宝塚線、JR福知山線の3沿線が利用出来て、六甲山や有馬温泉も気軽に楽しめる立地は、きっと満足できます。



ファミール宝塚グランスイートタワーの物件概要
所在:宝塚市武庫川町
交通:阪急「宝塚南口」駅徒歩5分
築年:平成15年10月築
総戸数:177戸



大きな地図で見る


■サイトリンク
宝塚市で、現在売出し中の中古マンションはこちら
宝塚市のマンションの売却はこちら

ルネシーズンズガーデン西宮名塩

2012年04月29日 16:53

R0030299.jpg

R0030283.jpg


このマンションはルネシーズンズガーデン西宮名塩です。
JR「西宮名塩」駅から東へ徒歩5分、名塩川沿いの南斜面地に立っています。駅近ながら、周りは森に囲まれていて、野鳥が飛び交う自然豊かな住環境。両手をのばして思いっきり空気が吸いたくなります。春の新緑や秋の紅葉がものすごくきれいな所です。

R0030341.jpg
名塩川をはさんで南側から見たルネシーズンズガーデン西宮名塩

駅から続くバス道を折れて、下り坂でアクセスするので、やや谷底に向かう印象がありますが、もっと高い位置にあるシェラビアグランドメゾンに比べて、近くを通る中国自動車道と名塩道路(176号線)の車の音がほとんど聞こえず静か。また作られた街の印象が少ないのも私にはシックリ来ます。




ルネシーズンズガーデン西宮名塩の私の一押しは、敷地内に設けられた家庭菜園スペース。わざわざ離れた所に借りた市民農園や貸し農園などに比べて、ぐっと手軽。気の向いた時に手入れが出来て、今から作る料理の野菜を直前に収穫することもできます。この「家のすぐ横に畑がある。」というのがほんと最高です。今はまだ栽培されていない区画も多かったですが、40年代の団地型マンションの敷地で、花壇や菜園がバッチリ手入れされているところをたくさん見ましたので、その内もっと棟内で流行るかもしれません。

R0030273.jpg
この建物とのコントラストがまたいいですね。

R0030268.jpg
家庭菜園のまわりもまた緑、緑。

R0030281.jpg
日当りバッチリ


建物の設計は、このブログにもたびたび登場している遠藤剛生建築設計事務所。斜面地をうまく利用したマンションを数多く設計されています。

R0030324.jpg
かっこいい。

R0030307.jpg
スクエア~。

R0030311.jpg
だんだんです。


約22,000平米の広い敷地に全15棟の建物が段々に配置され、1号棟以外は、2戸~8戸の少戸数のコテージの様な建物。豊中市にある公団千里緑丘団地に少し似ていて、それをもっとシャープでモダンにした印象です。その他敷地内には噴水のある広場やキッズルームなどもあります。

R0030325.jpg
ちょっと公団千里緑丘団地風です。

R0030304.jpg
こんなハコのような家に住みたいです。

R0030286.jpg
エントランスがある1号棟

R0030292.jpg
敷地中央にある噴水付きの広場

R0030295.jpg
キッズルーム

間取りプランは、2フロアのメゾネットや3フロアのメゾネットもあり、100平米前後の広さがあります。

近くには武庫川沿いの廃線跡のハイキングコースや国道176号線を郊外に向かってドライブすれば、家族みんなで楽しめるアウトドアスポットや観光スポットがいっぱい。ルネシーズンズガーデン西宮名塩は、元気な子どものいるニューファミリーに花まるです。


ルネシーズンズガーデン西宮名塩の物件概要
所在:西宮市名塩新町
交通:JR福知山線「西宮名塩」駅徒歩5分
築年:平成18年1月
総戸数:143戸



大きな地図で見る

カネボウ甲陽園グリーンマンション

2012年03月27日 20:19

R0029014.jpg

このマンションはカネボウ甲陽園グリーンマンションです。
阪急「甲陽園」駅から北東方向へ徒歩12分、高台の住宅地にあります。

R0029025.jpg

レンガ調タイル張りで、低層の落ち着いた雰囲気の建物もたいへん魅力的ですが、このマンションの一番の特徴は、敷地内の植栽スペースではないでしょうか。

R0029017.jpg
エントランスアプローチ

高低差のある敷地には、各住戸へ続くアプローチ、階段が設けられ、床面にはタイルや石が貼られています。アプローチ両脇のコンクリートや石で組まれたスペースには常緑のものを中心にさまざまな木々が植えられ、敷地中央には広場があります。植栽の手入れは隅々まで行き届き、敷地内全てがまるで『庭園』。敷地西側の山は、借景となり、庭園の一部のように見えます。各部屋のどの窓からも緑が楽しめ、六甲の山荘にいるような気分が味わえます。

R0029038.jpg
広場

R0029037.jpg
敷地内に高低差があります。

R0029023.jpg
共用ポスト

R0029028.jpg
各住戸に続く階段の両脇にも植栽スペースが設けられています。

R0029031.jpg
高台にあり眺望が取れます。

R0029027.jpg
敷地の周囲も緑豊か

R0029012.jpg
目の前を走るバス通り

プランは、センターインの90平米台が中心。南北両面にバルコニーがあり、納戸も付いています。高台にあり、大阪湾などを望む眺望が取れることもたいへん魅力です。
駅までに坂がありますが、徒歩2分のバス停からは、阪神「西宮」駅などにアクセスで可能。北へ少し行くと、甲山森林公園があります。

R0029044.jpg
カネボウ甲陽園グリーンマンションの外観(東側から)


カネボウ甲陽園グリーンマンションは、「阪急の駅から歩ける山荘のような家が欲しい…。」そんなわがままな方々に花まるです。

カネボウ甲陽園グリーンマンションの概要
所在:西宮市甲陽園山王町
交通:阪急甲陽線「甲陽園」駅徒歩12分
築年:昭和57年7月築
総戸数:29戸




大きな地図で見る



■外部サイトリンク
現在販売中の西宮市の中古マンションはこちら→

コスモハイツ甲子園

2012年03月17日 19:45

R0028388.jpg
コスモハイツ甲子園の外観

このマンションは、コスモハイツ甲子園です。JR「甲子園口」駅から南西方向へ8分ほどの場所にあります。
このマンションの魅力の一つは、シンプルな中にさりげないアクセントのある外観。建物を南側から見るとバルコニーのアールがワンフロアごと、入れ違いに連続し、さざ波のよう。玄関扉はパステルカラーに色分けされています。

R0028382.jpg
北側から見たコスモハイツ甲子園の外観

エントランスホールは、勾配天井の開放感のある空間。背の低いテーブルセットに、天井は板張りで、落ち着けます。

R0028380.jpg
エントランスアプローチ

R0028378.jpg
エントランス入口

R0028373.jpg
エントランスホール

区画の整った住宅地のワンブロックまるまる一つが敷地で、東、南、西の3方向、コノ字型に建物が配置されています。その為、どの住戸も前面の建物とは、間隔が取れ、採光・通風にすぐれています。
プランは、66平米から71平米の3LDKが中心。角住戸の中には120平米を超えるもあります。

周りは、一戸建てとマンションが混在し、幹線道路や線路からは距離があるので、静か。教育施設が全て10分圏内に揃っていて子育て世代には嬉しい立地。やや距離はありますが、阪急西宮北口駅に、20分ちょっとで歩け、気軽に西宮ガーデンズで買物が楽しめます。
コスモハイツ甲子園は、リフォーム前提でマンションの購入を考えている人にも花まるです。

R0028387.jpg



■コスモハイツ甲子園の物件概要
所在:西宮市甲子園口5丁目
交通:JR「甲子園口」駅徒歩8分
構造:鉄筋コンクリート造7階建て
築年:昭和47年8月築
総戸数:98戸


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。