スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクタスコート芦屋

2012年09月22日 20:32

1_20120922194805.jpg


このマンションはサンクタスコート芦屋です。
阪神打出駅から南へ徒歩9分、浜町の静かな住宅地にあります。

11_20120922195328.jpg
敷地北側の前面道路。車道との間に歩道と緑地スペースがあります。

設計は建築家の大江匡。たくさんの賞を受け、近所では、宮塚町にある高級賃貸マンション「芦甲館」。大阪市内では、研修宿泊施設「クロス・ウェーブ梅田」やソニータワーの跡地に建った「ラ・ポルト心斎橋」などを設計されています。


2_20120922194804.jpg
敷地北側にあるエントランス(非接触型カードによる認証システムが採用されています。)


約7,700平米の広々とした敷地に、高層1棟の「レイトラルハウス」と低層5棟の「バーティカルヴィラ」が配置されています。他のマンションとはまったく違っていて、北側はエントランスがあり、壁面にはガラスが多用されていますが、その他、東、南、西の面は、まるでお城のように、高い壁で覆われ、ほとんど開口部が見当たりません。このサンクタスコート芦屋は、これまでのいわゆる田の字型プランに疑問を呈し、間取りプランから建物を発想する考えで設計されています。

R0033458.jpg
建物の南面 ほとんど開口部がありません。

10_20120922194827.jpg
建物の西面には車用の大型ゲートがあり、車の出入りが出来ます。(リモコン付き)


サンクタスコート芦屋のプランは、玄関を入ってすぐの場所にある8帖以上のパブリックリビング(土間空間)。廊下がなく玄関からバルコニーまで、13mの距離が一つになった居住空間。室内から愛車がながめられるビルトインガレージ。上下の空間のつながりが感じられる螺旋階段。吹き抜けやテラスの付いた3層のメゾネット。光を取り入れ、外部の気配まで感じ取れる壁一面のガラスブロックなど…。様々です。


8_20120922194830.jpg
「バーティカルヴィラ」の外観

オートロックのエントランスを抜けると、コンシェルジュによるサービスが受けられる2層吹き抜けのラウンジがあります。ラウンジにはソファセットの他、ピアノもあってホテルのような雰囲気。ラウンジから南方向には、センターコートと呼ばれる中庭が広がっています。

6_20120922194801.jpg
二層吹き抜けのラウンジ

4_20120922194802.jpg
ラウンジにはピアノやソファセットが配置され、中庭(セントラルコート)が眺められます。

7_20120922194800.jpg
敷地中央にあるセントラルコート


学校や買い物施設などが近くに揃っていて、美術館などがある文化ゾーンも徒歩12分ほどの距離にあります。
プランは、専有面積100平を超えるゆとりの2LDKから4LDKが中心。サンクタスコート芦屋は、個性的な暮らしを求める方や海外生活が長かった方、車が大好きな方にも花まるです。

サンクタスコート芦屋の物件概要
所在:芦屋市浜町
交通:阪神「打出」駅徒歩9分
築年:平成17年11月
総戸数:94戸



大きな地図で見る
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/88-b16a9acb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。