スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊中緑丘ハウス

2010年09月19日 17:26

1_20100919161605.jpg

このマンションは豊中緑丘ハウスです。
大阪モノレール「少路」駅から北へ徒歩10分ほどの、静かな住宅地にあります。
建物は低層4階建て、設計は遠藤剛生建築設計事務所です。

スワローハイツ箕面につくりはよく似ていて、ワンフロア2住戸の4階建ての棟が、間に通路をはさみながら、コテージのように配置されています。一カ所下町の路地のように極端に細い通路もあり、見上げるとまるでクレバス。ここもちょっと面白い。
プランはメゾネットタイプが中心、各住戸にテラスや専用庭が付いています。

6_20100919161537.jpg
あたまは黒くないツバメ顔

2_20100919161605.jpg
両側に壁が切立った細い路地


1階の住戸には、玄関前にも専用庭というか、テラス、ポーチのような空間があって、これがこのマンションの雰囲気を高めています。(デベロッパーさんに言わせれば、無駄に広い。『玄関前にはプライバシーに配慮された一戸建て感覚の専用ポーチ付き!』とうたわれる普通のポーチとは明らかに違います。)
またこのポーチ部分、他のマンションでは、自転車やアウトドア用品など、物置状態にしてしまいがちですが、豊中緑丘ハウスにお住まいの方々は、グリーンなどを少し置く程度にシンプルに使われています。

7_20100919161537.jpg
玄関前の専用庭(ポーチ)

3_20100919161605.jpg
外壁は一部吹き付け(打ち放し)、一部タイル貼り

9_20100919161537.jpg
敷地の隅々まで掃除が行き届いています。


駐車場は地階にあるのですが、この駐車場がまたちょっと違います。
薄暗く、じめじめしていて、隅っこのほうには虫の死骸が落ちてそうな地下駐車場とは対照的に、天井の各所に大きな天窓が付いて、まず明るい、もっと言ってしまえば、その光がちょっとアーティスティック! 敷地地上のどこにこれだけの天窓空間を取っているのか、ふしぎになります。

11_20100919161447.jpg
明るい地下駐車場。トランクボックス付きです。

4_20100919161537.jpg
地上から見た天窓。目に入りづらい棟と植え込みの間にあります。

また各駐車スペース横にはトランクボックスと呼ばれる収納があり、車用品やアウトドアの道具などを置いておくには絶好のスペース。しかも平面式で車好きにはこれ以上ないガレージでは。

8_20100919161537.jpg
敷地内に高低差があり、それをつなぐ階段。

16_20100919161448.jpg
エントランス、建物、駐車場が一体になっています。

12_20100919161447.jpg
1階は前の道路より一段高く、目線もあまり気になりません。



豊中緑丘ハウスから大阪市内へ、電車では少し時間がかかりますが、中央環状線、新御堂筋、高速道路の入り口が近く、車での移動はばつぐんに便利。近くに学校や大型スーパーが揃っている他、ロマンチック街道も近くて、毎日の暮らしをますます楽しくしてくれます。
豊中緑丘ハウスは、ちょっと広めの家で、おしゃれな暮らしを楽しみたい幅広い方々に花まるです。


■豊中緑丘ハウスの物件概要
所在:豊中市西緑丘2丁目
交通:大阪モノレール線「少路」駅徒歩10分
構造:鉄筋コンクリート造4階建て
築年:昭和61年10月
総戸数:22戸


大きな地図で見る



□購入に関するリンク
豊中市西緑丘2丁目の売り出し中の物件はこちら

□売却に関するリンク
豊中緑丘ハウスの相場情報はこちら
豊中緑丘ハウスの簡易査定の依頼はこちら
豊中緑丘ハウスの訪問査定の依頼はこちら









□ウィル関連リンク
箕面市の不動産

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/69-ec2f5151
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。