スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレプラス塚口北

2010年02月06日 13:54

DSCN0146.jpg

DSCN0144.jpg

このマンションは、パレプラス塚口北です。
確かに塚口の北の方角にありますが、ちょっと行き過ぎて尼崎市ではなく、伊丹市にあります。(分譲主は聞こえの良いマンション名を付けようと必死です。ただ名前の付け方には、公正競争規約という規則で、一定のルールが設けられています。例えば『万博公園』をマンション名に入れようとすると、『万博公園』がマンションから300メートル以内になければならない、とかです。)
最寄り駅は阪急「稲野」駅徒歩3分。近くには”つかしん”とかもあり、なかなか便利な場所です。

このマンションの分譲主は、数々のデザイナーズマンションを手がけたタケツーです。建物の設計は森崎輝行氏、中庭などのデザインはルイジ・ヴェラーティ氏。

外観はコンクリートと打ち放しに、イタリア産天然大理石が使用され、一部真っ赤に塗られた庇や柱が印象的。
天然大理石は表面に凹凸があって、お洒落ながらも暖かみがあります。

DSCN0148_20100206134911.jpg


敷地に入るには、水路にかかる橋を渡ります。車、自転車、人の入り口を分けた歩車分離設計。

DSCN0149_20100206135150.jpg



外観も見応えがありますが、とくにすごいと思ってしまうのが、中庭の螺旋階段です。
真四角の中庭に、2本の真っ黒に塗られた螺旋階段が空に向かって伸びています。ちょっと迷路の様な廊下を歩くと、色々な角度からこの中庭を楽しむことが出来ます。

DSCN0159.jpg

DSCN0158_20100206134837.jpg

間取りは50平米台の2LDKが中心で、単身やディンクス向き。(日本のマンションは60平米~70平米の3LDKばかりで、この2LDKで家探しをすると、たいへんです。)
リフォームをした住戸もあると思いますが、分譲時はキッチンや洗面にイタリア製の建材、ドアはフランス製の木製ムク材が使われていました。

DSCN0160_20100206134837.jpg
面格子もちょっと変わっています。

DSCN0156.jpg


阪急塚口駅では阪急神戸線への乗り換えもスムーズに出来ますし、JR「猪名寺」駅にも歩けるので、仕事の忙しい単身やディンクスにも花まるです。結婚したり、子供が出来たりで引っ越しする人も多く、総戸数が少ない割にはコンスタントに売出しがあります。

パレプラス塚口北の物件概要
所在:伊丹市御願塚4丁目
交通:阪急「稲野」駅徒歩3分
築年数:平成6年7月築
総戸数:30戸
構造:鉄筋コンクリート造5階建て



大きな地図で見る

伊丹市御願塚4丁目の売出し物件はこちら

パレプラス塚口北の相場資料の請求はこちら

パレプラス塚口北の”かんたん”簡易査定の依頼はこちら

パレプラス塚口北の訪問査定の依頼はこちら
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/50-b22cad59
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。