スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚ガーデンヴィレッジ

2009年01月20日 16:09

宝塚ガーデンヴィレッジ

今回は、宝塚ガーデンヴィレッジです。このマンションは平成13年築で、阪急「売布神社」駅の北側、すぐの場所にあります。カラヤンも訪れたという元有名料亭「松楓閣」の跡地に建てられており、周辺は長尾山系の麓、緑豊かな住宅地です。設計は私の自宅と同じ、長谷川逸子さん、事業主は私の元いた会社、販売は私の今いる会社と、何かと縁のあるマンションです。

宝塚ガーデンヴィレッジ2
エントランス内を流れ落ちる滝!

本当に久しぶりに訪れたのですが、一つ楽しみにしていた事がありました。このマンションのテーマは、「21世紀の故郷づくり」。20年後に敷地が森を形作ることを願って、約30,000本もの樹木が植えられています。建物完成時は、コンセプトから言うとまだ未完成で、20年後に完成します。私はこの経過が見てみたかったのです。


宝塚ガーデンヴィレッジ17

おっ!ツタが壁面を這い上がっています。レンガの汚れもいい感じです。着々と故郷化しています。安藤忠雄さんもコンクリートの汚れが味になると言っていましたが、この宝塚ガーデンビレッジも、まさに築年数の経過とともに、より魅力的になるマンションだと思います。しかし同じ長谷川逸子さんの設計でも私の住んでいるコナヴィレッジは、どうもそうでは無い気がします。それは素材の違いであったり、ペンキで塗った部分が多いからでしょうか。ちょっと油断すると、壁はまだら模様、バルコニーは錆だらけで、ただのボロに見えます。

宝塚ガーデンヴィレッジ15

宝塚ガーデンヴィレッジの敷地は、エントランスのオートロックで外と遮断され、プライベートなスペースになっています。敷地はずいぶん広く、徒歩4分表示の物件にも関わらず、奥の棟であれば、部屋まで辿りつくのに、エントランスから更に3分~4分歩かなければなりません。しかし道の途中、各所に水盤や彫刻、橋などが配置され、目を楽しませてくれます。

宝塚ガーデンヴィレッジ5

宝塚ガーデンヴィレッジ7



その他、エントランスホールの2階にはライブラリーもあり、入居者の人たちが本を共有しています。ここは日当りがよく、子供たちが出現しない時はゆっくりと時間を過ごせます。訪れたこの時も、女性がノートパソコンを開き、仕事かなにかをされていました。
またその奥にはプールもありますが、使えるのは夏だけ。ただブルーのお洒落なタイル貼りで、これも目を楽しませてくれるオブジェ的な存在でもあります。

宝塚ガーデンヴィレッジ11

宝塚ガーデンヴィレッジ16


駅が近く、第一種低層住居専用地域内の閑静な住宅地で、スケールバリューもあるデザイナーズマンション!言う事はありません。ただ売布神社はちょっと地味な街なので、洒落たお店はあまりありません。そんな所もひっくるめて楽しめる方には、花まるです。


■物件概要
物件名:宝塚ガーデンヴィレッジ
所在:宝塚市売布4丁目
交通:阪急宝塚線「売布神社」駅徒歩4分
築年数:平成13年2月
構造:鉄筋コンクリート造3階建て


宝塚ガーデンヴィレッジの売出中の物件はこちら

宝塚ガーデンヴィレッジの相場を調べたい方はこちら
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/5-7a921259
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。