スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦屋リバービューアーバンライフ

2009年06月28日 14:49

DSCN0122.jpg

DSCN0157.jpg

このマンションは、芦屋リバービューアーバンライフです。
阪急「芦屋川」駅から北に徒歩7分、芦屋川の左岸、西斜面地に立つひな壇型のマンションです。

このマンションの分譲主はアーバンライフ。今は森トラストの小会社ですが、元々芦屋出身のマンションデベロッパーで、個性的で、上品なデザインのマンションを阪神間を中心に数多く手掛けています。その中でもこの芦屋リバービューアーバンライフは、環境、デザイン、利便性などの条件をバランスよく満たした特別なマンションです。

DSCN0160.jpg

周りは自然がいっぱい。鳥の声が聞こえ、イノシシも出没します。川の向い側は、六甲山のトレッキングコースの中でも最もメジャーな『ロックガーデン』。この日もリュックを背負った人たちがたくさん行き来していました。
駅徒歩7分とは、とても思えない住環境。しかも駅からマンションまでの道のりはほぼ平坦です。

芦屋川は六甲山が源で、ほとんど生活排水が入らないため、たいへん水質もきれいです。釣り試したことはありませんが、あまごも生息しているそうです。

DSCN0119.jpg

左奥にそびえているのが標高263mの『鷹尾山』。そのもう少し左側に、ロックガーデンがあります。阪神間、神戸の街並や大阪湾などを見下ろしながら、岩の間を気持ちよく登れる名コースです。


DSCN0114.jpg

DSCN0116_20090628150023.jpg

オートロック付きのエントランス。エントランスホールには談話スペースもあります。

間取りは、専有面積120平米~130平米の3LDKが中心で、100平米を切るプランは少なく、200平米を超えるものもあります。多くの住戸に広いルーフテラスが付いていて、眺望も良好です。

DSCN0133_20090628192519.jpg


DSCN0148_20090628150616.jpg

同じ斜面の並びには、分譲マンションを中心に、幾つかのひな壇型のマンションや一戸建てが建っています。

そして・・・。
その中に、フランク・ロイド・ライトの作品も。

DSCN0166.jpg

このヨドコウ迎賓館は、国の重要文化財に指定されていて、元々は灘の酒造家の別邸です。

売出はなかなか出てきませんし、お値段もそれなりにしますが、この立地に、この建物はたいへん希少です。予算が届く、みなさんに花まるです。


■物件概要
物件名:芦屋リバービューアーバンライフ
所在:芦屋市山手町
交通:阪急「芦屋川」駅から徒歩7分
築年数:昭和60年2月築



大きな地図で見る


芦屋市の売出中のマンションはこちら

芦屋リバービューアーバンライフの相場資料の請求はこちら



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/28-df1e94c7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。