スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊中ビームス

2009年06月21日 12:01

DSCN0113.jpg

このマンションは豊中ビームスです。阪急「曽根」駅から東へ徒歩10分ほどの場所にあります。
外壁は、分譲では珍しい”コンクリート打ち放し”。バス通りに面しているので、通りすがら思わず、おっ!と目を引きます。
四角い、吹き抜けのエントランスの周りには、竹が植えられていて、素直にお洒落。
第五回豊中市都市デザイン賞にも選ばれています。

DSCN0116.jpg

かっこいいエントランス

DSCN0118_20090621110837.jpg

オートロックも付いています。

”コンクリート打ち放し”は、施工が難しいとか、断熱性に問題があるとか、いろいろ言われます。ただ人工のものにも関わらず、素材感があって、味わい深いものがあります。

当たり前ですが、分譲マンションは基本的に、どれだけ儲かるのか、そこに主眼が置かれ作られます。結果として画一的にならざるを得なく、”コンクリート打ち放し”などコストもかかって、クレームも出やすいことを好んでやってくれるデベロッパーは、なかなかいません。

DSCN0128.jpg


豊中ビームスの設計は小林恒氏です。これまでに、コシノヒロコさんのアトリエを設計されたり、集合住宅、個人住宅、店舗などの設計を手掛けられています。豊中市内で設計された建売住宅も見たことがありますが、これもたいへん良かったです。周辺の相場からいって、ずいぶん高い分譲値でしたが、それでもすぐに売れていました。
デベロッパーからみると、建物にお金をかける事業はリスクがありますが、消費者の知識、意識も向上して、今後より夢のある分譲事業がもっと増えればいいな。と思います。
余談ですが、株式会社ウィルの店舗も設計して頂きました。

DSCN0115_20090621115151.jpg

地下駐車場への入口

DSCN0248.jpg

エントランスとは反対側。東側から見た外観です。

DSCN0245.jpg

敷地より西側のエリアは区画の整った街。東側は田んぼや畑、池もあるのどかな雰囲気の住宅地

DSCN0109.jpg

室内もハイサッシュになっていて、スタイリッシュな雰囲気。
曽根周辺は、スーパーや魅力的なお店も多くて、暮らしやすいエリア。近くに『服部緑地』もあります。
豊中ビームスは、ありきたりのマンションでは絶対満足できない、こだわりを持った幅広い世代の方に花まるです。

■物件概要
物件名:豊中ビームス
所在:豊中市長興寺南2丁目
交通:阪急「曽根」駅から徒歩10分
築年数:平成13年2月築



大きな地図で見る



豊中ビームスの相場資料を請求する

豊中市の相場と地域情報はこちら



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/27-ce3c129e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。