スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千里緑丘ハウス

2009年04月05日 18:49

M000926A.jpg

春と言えば、やっぱり桜。日本人にとって特別な花で、他の花では決して見せない反応(酒を飲んだり、一生懸命写真を撮ったり、弁当を広げたり、ウキウキしたり)を国民のほとんどがします。
この桜が敷地の各所に植えられた花まるマンションが豊中市にあります。

M0926219.jpg

その名は千里緑丘ハウス。大阪モノレール「少路」駅から北へ徒歩8分、『少路2丁目』にあります。数えていませんが、敷地内には沢山の桜が植えられていて、見事な花を咲かせています。これだけ桜の木があるマンションを私は知りません。(桜の木を見落としているだけの可能性はおおいにあります。)

DSCN0170.jpg

けっこう、枝振りのいい木もあります。

2_20090405173753.jpg

DSCN0009_1.jpg

桜の間に駐車場があるという感じ。

1_20090405173800.jpg

この公園は駐輪場の上に設けられていて、敷地内で一番の場所です。ベンチもきれいで、ゆっくりくつろげます。

DSCN0199.jpg

住戸によっては、部屋に居ながらにして、桜を楽しめます。


また立地もこのマンションの魅力の一つです。決して交通至便とは言えませんが、困らない程度の交通アクセスを確保しながら、閑静で、緑が多く、教育も熱心なエリアです。また敷地のすぐ西側はロマンチック街道に面しています。

ロマンチック街道では、ムッシュマキノやSOSHなどが、私の知っている中では有名です。(昔はチャーリーブラウンぐらい。その他にも色々ありそうですが知りません。)他にもいろいろな飲食店が揃っていて、気軽に歩いて食事に出掛けられるのがいいですね。(お酒を飲む人にはこれが大事。)
郊外の住宅地では、なかなかできない贅沢です。

1_20090405175538.jpg

『ロマンチック街道』


M0926220.jpg

建物は遠藤剛生建築設計事務所。敷地形状が普通の為か、いつもの奇抜さはなく、結構普通です。しかし自転車置場の上が公園になっていたり、廊下と住戸の間に吹き抜けがあったり、細かな工夫が感じられます。また箱形の集会室やコーナーサッシの管理人室、コンクリート壁の塀などから、遠藤剛生テイストがにじみ出ています。

4_20090405173740.jpg

集会室

DSCN0174.jpg

管理人室


築年数はちょっと古めですが、年数の経過をほとんど感じさせません。間取りは専有面積70平米後半~90平米台の広めの3LDK~4LDKが中心。一部100平米を超えるプランもあります。
利便性よりも日々の暮らしを大事にする人。静かで、緑が多く、ちょっとお洒落で、ちょっと贅沢な暮らしを実現したい方に花まるです。教育熱心な方もどうぞ。



■物件概要
物件名:千里緑丘ハウス
所在:豊中市少路2丁目
交通:大阪モノレール「少路」駅徒歩8分
築年数:昭和57年6月
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造14階建


大きな地図で見る

千里緑丘ハウスの売出物件はこちら

千里緑丘ハウスの相場資料の請求はこちら

豊中市のマンションの売出物件はこちら
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mansionarchive.blog79.fc2.com/tb.php/17-336ef409
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。