スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウンハウス夙川

2013年03月23日 21:24

R0039208.jpg

このマンションは、タウンハウス夙川です。
阪急「苦楽園口」駅から東へ徒歩約14分、やや高台の静かな住宅地にあります。
近くには火垂るの墓の舞台で有名なニテコ池や、もう移築されてしまったようですが、松下の創業者・松下幸之助氏の私邸『光雲荘』があった場所などがあります。また桜の名所も多いところです。



R0039206.jpg
敷地中央の通路


低層4階建ての建物が、敷地中央の通路を挟んで、東西に各2棟、全部で4棟建っています。切り妻の屋根が連続し、屋上はルーフテラスになっている為、一部上部が抜け、コンクリートの梁だけの形状。外壁は一部タイル張りで、フィックスの窓が多く設けられています。


R0039202.jpg
タウンハウス夙川B棟


R0039229.jpg
タウンハウス夙川C棟


プランは、なんと全戸メゾネットタイプ! その上、専用庭かルーフテラスが付いていて、アウトドアの空間も楽しめます。建物は壁式工法で、室内に柱のでっぱりがありません。(ただその分、リノベーションの際には、間取り変更に制限があります。)


R0039226.jpg


R0039227.jpg
A棟は各戸が細い通路で結ばれています。




敷地の各所に植栽スペースが設けられ、敷地の東隣は公園。各家の前にも鉢やプランターが置かれ、たいへん緑豊かです。新緑や紅葉など、部屋の窓からも季節の移り変わりが感じられそうです。(ただ訪れたのが、3月だったので、写真からはあまり、伝わらないかもしれませんが…。) 敷地の木々はよく手入れされていて、敷地の周囲には、ぐるっと植栽スペースがあり、街の景観にも貢献しています。

R0039204.jpg
R0039233.jpg
R0039213.jpg
R0039199.jpg




話は飛びますが、マンションを見るときどこに注目されるでしょうか。マンションを買うとき、よく言われるのが、『マンションは管理を買え。』という言葉。その際、チェックするポイントは、植栽の手入れやゴミステーション・自転車置き場の清掃、整頓具合など。これらからは、管理会社の良さだけでなく、住人の管理に対する意識も伝わってきます。あくまでも推測ですが、けっこう当たっている事も多いと思います。

これ以外、私がマンションを見るとき、気になるのは、マンション内にとめてある車です。そこから年齢層や所得層、どんなセンスの人が多く集まっているのか、自分に合いそうかを推測します。
このタウンハウス夙川にとまっている車を見ていて、「ここに住みたい!テンション」が上がってしまいました。(買ったばかりですが、ここでもよかったかも…)



R0039219.jpg



タウンハウス夙川の相場は、2,000万円以下と比較的手頃。広さは80平米前後、総戸数が少ないので、売出は一年に一回あるかどうかです。
自然環境に恵まれていて、学校やスーパーにもそこそこ近く、子供のいるファミリーには特に花まるです。


タウンハウス夙川の物件概要
所在:西宮市神垣町
交通:阪急甲陽線「苦楽園口」駅徒歩14分
階数:4階建て
築年:昭和55年4月
総戸数:34戸

タウンハウス夙川を『マンション大全集』で詳しく見る




大きな地図で見る
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。