スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブタウン仁川

2012年07月16日 09:09

R0032236.jpg

R0032201.jpg

このマンションは、ライブタウン仁川です。
仁川駅から北西へ徒歩4分、宝塚市仁川宮西町にあります。
このマンションの魅力は、駅近の利便性もさることながら、この「弁天池」沿いの立地!
ポンドサイド?! バルコニーからは目の前の池越しに、甲山、六甲山が望め、開放感いっぱい!この山々は、季節ごとにどんどん色が変わって、季節感もいっぱい!新緑と紅葉はほんとうにきれいです。


R0032239.jpg
弁天池沿いの遊歩道

R0032215.jpg
遊歩道は、格好のお散歩コースになっています。


弁天池は、ふちが不規則に、そしてゆったりとカーブし、池沿いには風格のある邸宅や、石灯籠などもあって、ちょっと和風で、絵になる景色。いつもなにかの鳥がいて、ベンチに座って、ぼ~と眺めてしまいます。ちなみに池沿いの掲示板によると、飛来する鳥は、サギやカモ、カイツブリ、セキレイ、カワウ、カワセミなどらしいです。割とおなじみの鳥たちですね。もう一つの掲示板には、民話が書かれていて、どうも「坊主頭!?」のヌシがここには住んでいたそうです。

R0032212.jpg
池沿いにはお屋敷が並んでいます。

R0032242.jpg
甲山と六甲山

R0032194.jpg
公園から見たライブタウン仁川


建物は四角い大小の箱を積み重ねたような低層3階建て。バルコニーの手すりも四角くくり抜かれ、四角窓(当たり前)は真ん中にフィックス窓、両脇に外に向かって開く窓。このカクカクした感じがとてもいいです。
敷地の周囲は、邸宅にあるような生け垣に囲まれ、所々に駐車場が配置されています。また敷地東側には道を挟んで、阪急今津線が走り、このライブタウン仁川は、電車からもよく見えるので、ちょっとしたランドマーク的な存在です。

R0032193.jpg
南側から見た外観

R0032209.jpg
一部敷地の形に合わせて、雁行設計になっています。

R0032230.jpg
シンプルなデザイン

R0032233.jpg
敷地東側を走る阪急今津線



仁川の駅前は、約10年ほど前に再開発が終わり、駅前のビル(さらら仁川)の中には、コープ仁川や専門店、仁川駅前サービスステーション、各種文化施設などが入り、とても便利。駅のすぐ南側を流れる仁川は、渇水することもありますが、水が澄んでいて、心和みます。
ライブタウン仁川は、総戸数が27戸と少なく、売り出しも少なめ。広さは77平米から100平米を超える住戸もあり、全体的に広め。
エレベーターはありませんが、全部屋が6帖以上のゆったりとしたプランで、4人~5人のファミリーや二世帯の家族にも花まるです。


ライブタウン仁川の概要
所在:宝塚市仁川宮西町
交通:阪急「仁川」駅徒歩4分
築年数:昭和54年5月
総戸数:27戸



大きな地図で見る
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。