スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオンズマンション宝塚売布

2010年12月17日 21:27

7_20101217204152.jpg

このマンションはライオンズマンション宝塚売布です。
阪急「売布神社」駅から山手へ徒歩8分、長尾連山の麓の緑豊かな住宅地にあって、駅から道のりは緩やかな坂道です。

ライオンズマンション宝塚売布の特徴は、駅から徒歩圏でありながら、第一種低層住居専用地域内で、しかも総戸数が多く、少し高台にあって、眺望が取れるところです。
第一種低層住居専用地域内にあるマンションは、総戸数が少ない、眺望が取れないものがほとんどで、駅徒歩圏内、スケールバリュー、眺望の3つの条件が揃っているマンションは希少です。

2_20101217204124.jpg
建物と同じぐらいの高いよう壁の上に建っています。

4_20101217204123.jpg
外壁はライオンズシリーズらしい落ち着いた茶系のタイル貼り

3_20101217204124.jpg
高台にあって、周りを山に囲まれています。


周辺は、中山寺、売布神社、清荒神などのお寺や神社の多いところ。ちょっと地味ですが、落ち着いた雰囲気の街並で、道幅が狭く、入り組んでいるところも、住んでいると愛着がわきそうです。最近では国道176号線の道路整備やJR中山寺駅周辺の区画整理が行われ、ちょっとあか抜けつつあり、新しい住人も増えてきています。また山が近くて空気もいい気がします。

R0014774.jpg
売布神社駅のすぐ北側にある菰池(中央奥に見えているのが、ライオンズマンション宝塚売布



しかし、個人的にこのマンションに注目してしまうポイントは、まだ他にあります。
実はこのマンション、7世紀頃に作られたと思われる八角形の古墳のすぐ横にあります。マンションの前にあるロータリーを横にそれると、古墳に続く急な階段があります。その階段を登りきると、ど~んと大きな石室が目に入ります。


1_20101217204125.jpg
マンション前のロータリー。まっすぐ行けばエントランスですが、ここから左方向に歩きます。

6_20101217204122.jpg
入り口

5_20101217204123.jpg
古墳に続くけっこう急な階段

9_20101217204151.jpg
分かりにくいですが、実は八角形の古墳!

8_20101217204151.jpg
石室ものぞけます。けっこう大きな石が使われています。


長尾連山周辺には200基ちかくの古墳があるそうです。その中の一つがこの古墳、中山荘園古墳です。
しかし、一般的な円墳や前方後円墳などではなく、八角形とはなんか斬新な感じです。古墳は、歴史的な面とは関係なく、その姿、形に人を引き寄せる何かがある気がします。

10_20101217204151.jpg
マンション敷地の中に古墳があるように見えます。(元々マンションの開発地の一部だったのだと思います。)

11_20101217204150.jpg
高台にあって、周辺の街並を見渡せます。

ライオンズマンション宝塚売布のプランは、端の住戸が110平米前後、間の住戸が70平米前後が中心、棟は3つに分かれていますが、各棟がひな壇型に配置され、ほとんどの住戸から眺望が取れています。また玄関の前には専用ポーチがあります。
お値段も比較的手頃で、リノベーションの箱にも花まるです。


ライオンズマンション宝塚売布の物件概要
所在:宝塚市中山荘園
交通:阪急宝塚線「売布神社」駅徒歩8分
構造:鉄筋コンクリート造4階建て
築年数:昭和62年3月築
総戸数:66戸


大きな地図で見る
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。