スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルヴィラ苦楽園

2010年10月22日 10:35

R0012299.jpg

このマンションはロイヤルヴィラ苦楽園です。
苦楽園5番町の高台の住宅地にあります。
このマンションの魅力は、ゆとりのあるプラン、風格、そして環境ではないでしょうか。
まずプランは、廊下に面する居室のないセンターインで、中心となるプランの専有面積がなんと約150平米、リビングはもちろん、玄関や各居室どこをみてもゆったりとしています。


築年月は昭和54年8月と、けっして新しくはありませんが、建物は定期的に修繕が行われていることもあり、古さは感じさせません。茶色の屋根瓦に白い壁という少しスパニッシュな外観は、重くなく、それでいて風格を感じさせてくれます。
また敷地内には植栽が各所に配置され、敷地の北側には年輪を重ねた大きな楠などの樹木が茂っています。

R0012311.jpg
2号棟の外観

R0012306.jpg
エントランスアプローチ

R0012312.jpg
ガレージは平面式で、ほとんどの区画がルーフ付きです。

R0012301.jpg
敷地に隣接した公園

R0012313.jpg
敷地北側の緑地

この苦楽園5番町は、すぐお隣があの六麓荘ということもあり、さまざまな意匠をこらした住宅が建ち並び、上品で閑静なことはもちろん、生け垣の間からのぞく、家々の外観を見て回るだけで、テンションが上がります。

R0012305.jpg
よく手入れされた生け垣のある家が続きます。


その苦楽園5番町の中でもロイヤルヴィラ苦楽園の立地はよく、六甲山の斜面地のずっと上まで続く苦楽園の番町街にあって、まだ頑張ればまだ歩ける範囲にあります。(もちろん急な坂道はありますが…。) また建っている場所が、ちょっと突き出した尾根の上にあって、下から眺めると周りを木々に囲まれ、すこし天空の城風。北西以外の3方向が開けていて、緑に囲まれながらも、開放感のある立地が魅力です。

R0012333.jpg
このこんもりとした緑の中にロイヤルヴィラ苦楽園はあります。

ロイヤルヴィラ苦楽園は、このあたりに住みたいけど、一戸建てはちょっと手入れも、管理もたいへんという方にも花まる。気軽に苦楽園ライフが始められます。


ロイヤルヴィラ苦楽園の物件概要
所在:西宮市苦楽園5番町
交通:阪急「夙川」駅バス13分徒歩4分
構造:鉄筋コンクリート造6階建て
築年:昭和54年8月築
総戸数:52戸



大きな地図で見る




□購入に関するリンク
ロイヤルヴィラ苦楽園をマンション大全集で見る。
西宮市苦楽園5番町の売出し中の物件はこちら

□売却に関するリンク
ロイヤルヴィラ苦楽園1号棟の相場情報はこちら
ロイヤルヴィラ苦楽園2号棟の相場情報はこちら
ロイヤルヴィラ苦楽園2号棟の相場情報はこちら

ロイヤルヴィラ苦楽園1号棟の簡易査定の依頼はこちら
ロイヤルヴィラ苦楽園2号棟の簡易査定の依頼はこちら
ロイヤルヴィラ苦楽園3号棟の簡易査定の依頼はこちら



スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。