スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦屋リバービューアーバンライフ

2009年06月28日 14:49

DSCN0122.jpg

DSCN0157.jpg

このマンションは、芦屋リバービューアーバンライフです。
阪急「芦屋川」駅から北に徒歩7分、芦屋川の左岸、西斜面地に立つひな壇型のマンションです。

このマンションの分譲主はアーバンライフ。今は森トラストの小会社ですが、元々芦屋出身のマンションデベロッパーで、個性的で、上品なデザインのマンションを阪神間を中心に数多く手掛けています。その中でもこの芦屋リバービューアーバンライフは、環境、デザイン、利便性などの条件をバランスよく満たした特別なマンションです。

DSCN0160.jpg

周りは自然がいっぱい。鳥の声が聞こえ、イノシシも出没します。川の向い側は、六甲山のトレッキングコースの中でも最もメジャーな『ロックガーデン』。この日もリュックを背負った人たちがたくさん行き来していました。
駅徒歩7分とは、とても思えない住環境。しかも駅からマンションまでの道のりはほぼ平坦です。

芦屋川は六甲山が源で、ほとんど生活排水が入らないため、たいへん水質もきれいです。釣り試したことはありませんが、あまごも生息しているそうです。

DSCN0119.jpg

左奥にそびえているのが標高263mの『鷹尾山』。そのもう少し左側に、ロックガーデンがあります。阪神間、神戸の街並や大阪湾などを見下ろしながら、岩の間を気持ちよく登れる名コースです。


DSCN0114.jpg

DSCN0116_20090628150023.jpg

オートロック付きのエントランス。エントランスホールには談話スペースもあります。

間取りは、専有面積120平米~130平米の3LDKが中心で、100平米を切るプランは少なく、200平米を超えるものもあります。多くの住戸に広いルーフテラスが付いていて、眺望も良好です。

DSCN0133_20090628192519.jpg


DSCN0148_20090628150616.jpg

同じ斜面の並びには、分譲マンションを中心に、幾つかのひな壇型のマンションや一戸建てが建っています。

そして・・・。
その中に、フランク・ロイド・ライトの作品も。

DSCN0166.jpg

このヨドコウ迎賓館は、国の重要文化財に指定されていて、元々は灘の酒造家の別邸です。

売出はなかなか出てきませんし、お値段もそれなりにしますが、この立地に、この建物はたいへん希少です。予算が届く、みなさんに花まるです。


■物件概要
物件名:芦屋リバービューアーバンライフ
所在:芦屋市山手町
交通:阪急「芦屋川」駅から徒歩7分
築年数:昭和60年2月築



大きな地図で見る


芦屋市の売出中のマンションはこちら

芦屋リバービューアーバンライフの相場資料の請求はこちら



スポンサーサイト

豊中ビームス

2009年06月21日 12:01

DSCN0113.jpg

このマンションは豊中ビームスです。阪急「曽根」駅から東へ徒歩10分ほどの場所にあります。
外壁は、分譲では珍しい”コンクリート打ち放し”。バス通りに面しているので、通りすがら思わず、おっ!と目を引きます。
四角い、吹き抜けのエントランスの周りには、竹が植えられていて、素直にお洒落。
第五回豊中市都市デザイン賞にも選ばれています。

DSCN0116.jpg

かっこいいエントランス

DSCN0118_20090621110837.jpg

オートロックも付いています。

”コンクリート打ち放し”は、施工が難しいとか、断熱性に問題があるとか、いろいろ言われます。ただ人工のものにも関わらず、素材感があって、味わい深いものがあります。

当たり前ですが、分譲マンションは基本的に、どれだけ儲かるのか、そこに主眼が置かれ作られます。結果として画一的にならざるを得なく、”コンクリート打ち放し”などコストもかかって、クレームも出やすいことを好んでやってくれるデベロッパーは、なかなかいません。

DSCN0128.jpg


豊中ビームスの設計は小林恒氏です。これまでに、コシノヒロコさんのアトリエを設計されたり、集合住宅、個人住宅、店舗などの設計を手掛けられています。豊中市内で設計された建売住宅も見たことがありますが、これもたいへん良かったです。周辺の相場からいって、ずいぶん高い分譲値でしたが、それでもすぐに売れていました。
デベロッパーからみると、建物にお金をかける事業はリスクがありますが、消費者の知識、意識も向上して、今後より夢のある分譲事業がもっと増えればいいな。と思います。
余談ですが、株式会社ウィルの店舗も設計して頂きました。

DSCN0115_20090621115151.jpg

地下駐車場への入口

DSCN0248.jpg

エントランスとは反対側。東側から見た外観です。

DSCN0245.jpg

敷地より西側のエリアは区画の整った街。東側は田んぼや畑、池もあるのどかな雰囲気の住宅地

DSCN0109.jpg

室内もハイサッシュになっていて、スタイリッシュな雰囲気。
曽根周辺は、スーパーや魅力的なお店も多くて、暮らしやすいエリア。近くに『服部緑地』もあります。
豊中ビームスは、ありきたりのマンションでは絶対満足できない、こだわりを持った幅広い世代の方に花まるです。

■物件概要
物件名:豊中ビームス
所在:豊中市長興寺南2丁目
交通:阪急「曽根」駅から徒歩10分
築年数:平成13年2月築



大きな地図で見る



豊中ビームスの相場資料を請求する

豊中市の相場と地域情報はこちら



日興雲雀丘花屋敷ガーデンホームズ

2009年06月14日 16:04

DSCN0018.jpg

DSCN0015_20090614152138.jpg


このマンションは日興雲雀丘花屋敷ガーデンホームズです。阪急「雲雀丘花屋敷」駅から山手へ徒歩3分、第一種低層住居専用地域に指定された緑豊かな住宅地にあります。

DSCN0037.jpg

駅からは結構急な坂を上がりますが、特に”立地”と”建物の造り”がたいへん魅力のマンションです。

『雲雀丘』は、大正時代に開発が始まった、郊外型の高級住宅地。今でも開発初期の頃に建てられた洋風住宅が残っていて、その中にはヴォーリズ設計の家なんかもあります。元々の地形に沿って、道が付いていて、曲がりくねったり、細かったりしますが、今のニュータウンにはない、趣があります。ここ30~40年で分譲された大規模のニュータウンは出来上がった時が一番美しく、時とともにその魅力が下がってしまうことが多々ありますが、この住宅地はその逆。ずいぶんマンションが増えましたが、手入れの行き届いた生け垣の家も多く、歩いている人も生き生きしている感じがします。
また長尾山系の南斜面の丘陵地にあって、町の各所から大阪平野を一望できます。

DSCN0033.jpg


DSCN0016.jpg

DSCN0010_20090614154432.jpg

直線だけで構成された、キュービックな建物ですが、それでいて有機的な感じもあり、建物の色んな所に、大小様々な四角い穴があいています。
その穴を通して、ちょっとずつ何かがのぞいています。

DSCN0029_20090614155139.jpg

小さな庭が付いた住戸もあります。

エレベーターはありませんが、センターインのプランになっていて、廊下に直接面した部屋もありません。北側の窓も、思いっきり開けられています。
また敷地内は植栽が多く、その植わっているものも、建物の雰囲気によく合っています。

DSCN0014.jpg


DSCN0020_20090614160351.jpg

通路部分以外は、ほとんど緑地スペース。隣接して、公園もあります。

DSCN0035.jpg

敷地と一体化した公園。ここも木が多く、木陰にベンチもあって、ゆっくり出来ます。

雲雀丘花屋敷エリアは、交通便も良く、たいへん魅力的な住宅地ですが、六麓荘や苦楽園ほどメジャーではない為、価格もほどほど。
平井車庫がある為、梅田駅からの終電も遅く、大阪伊丹空港へのアクセスも良好です。
ただ教育施設までは少し距離があります。

ここはニューファミリーやディンクスなどに特に花まるです。

■物件概要
物件名:日興雲雀丘花屋敷ガーデンホームズ
所在:宝塚市雲雀丘1丁目
交通:阪急「雲雀丘花屋敷」駅から徒歩3分
築年数:昭和54年5月築



大きな地図で見る


宝塚市の相場と地域情報はこちら

宝塚市のマンションの売出情報はこちら

日興雲雀丘花屋敷ガーデンホームズの相場資料の請求はこちら

シーアイハイツ千里桃山台

2009年06月07日 14:55

M000846A.jpg

M0847081.jpg

このマンションは、シーアイハイツ千里桃山台です。北大阪急行「桃山台」駅から西へ、9分程歩いた場所にあります。桃山台駅周辺の地形は、丘状になっていて、その端っこは急な坂道。このマンションはその丘の西端にあって、どんと落ちる手前に立地しています。駅からはいちおう坂ですが、ゆるやかで、駅までの道は街路樹がきれいで、気持ちよく歩けます。

総戸数は330戸。A棟~D棟まである規模の大きなマンションですが、見た目からは、それ程戸数が多い印象は受けません。敷地配置がゆったりとしていることもありますが、周りを竹林に囲まれ全体を見渡すことが出来ないことも大きいです。

M0847066.jpg

敷地内にある藤棚。こういう空間は、どのマンションでもありそうで、結構ないものです。

M000846C.jpg

敷地に少しアップダウンがありますが、その傾斜をうまく利用し、建物が配置されていて、落ち着ける空間をつくり出しています。建物のプランは、センターインで両面バルコニーが付いたものが多く。採光・通風、プライバシーにも配慮されています。

M0842096.jpg

スキップフロア構造で、両面バルコニーを実現しています。

M0847082.jpg

石積みに囲まれたちょっと大人な感じの砂場

ただ、このマンションを取り上げた一番理由は、住まいに求められる条件がバランスよく揃っているからです。

かなり昔に、ミサワホーム三澤千代治社長の講演を聞きに行きましたが、その中で印象に残っている話があります。1時間ぐらいの講演でしたが、かなり、かいつまみます。
『環境が不動産の価値、価格を決定する。環境とは、交通、自然、教育、医療、買物のことである。』という様な話でした。

私なりに解釈すると、
交通=大阪市内までらくちんに通勤できる。
自然=周りに緑が多くて、家に帰ったら鳥かカエルの声が聞こえてきて、休みの日も家でくつろげちゃう。
教育=評判が良くて、結構近い場所に学校がある。
医療=もしもの時も高度な医療がすぐに受けられる。
買物=チラシを見比べて、今日行くスーパーが決めらる。たまには近くの百貨店やショッピングセンターでがっつりお買い物も出来ないと駄目。

ということだと思います。

M0846062.jpg

エントランスは各棟ごとにあります。これはB棟のエントランス

M0846085.jpg

エントランスホール。地味にお洒落です。

M0842095.jpg

敷地の中も外も緑がいっぱい(写真は冬枯れ中)

このシーアイハイツ千里桃山台は、これらの条件をバランスよく満たしています。
北大阪急行線の「緑地公園」駅~「千里中央」駅の徒歩圏内のマンションは、どの物件もけっこう、これら条件を満たしています。
そして、シーアイの場合は、スケールバリューもあって、尚良しというところです。

古いマンションはちょっという方以外の幅広い方に花まるです。

■物件概要
物件名:シーアイハイツ千里桃山台
所在:豊中市東泉丘3丁目
交通:北大阪急行「桃山台」駅から徒歩9分
築年数:昭和53年3月築


大きな地図で見る


豊中市内で売出中のマンションはこちら

シーアイハイツ千里桃山台A棟の相場資料の請求はこちら

シーアイハイツ千里桃山台B棟の相場資料の請求はこちら

シーアイハイツ千里桃山台C棟の相場資料の請求はこちら

シーアイハイツ千里桃山台D棟の相場資料の請求はこちら





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。