スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ライオンズ池田

2009年05月31日 19:17

1_20090531190036.jpg

ちょっと遠くて分かりにくいですが、このマンションはザ・ライオンズ池田です。街中に突如現れた規模の大きなマンションなので、周りを住宅に囲まれていて、うまく全体が入るアングルが見当たりません。この広大な敷地は大阪教育大学のキャンパスの跡地です。
大京さんの分譲マンションの中でも最も総戸数の多いマンションで、ザ と名付けるあたりから、大京さんの気合いが感じられます。敷地面積は約35,000平米で、総戸数は675戸です!

3_20090531190255.jpg

水盤に囲まれたH棟

5_20090531190301.jpg

建物に沿って小川が流れています。この川は五月山の伏流水。 名酒『呉春』と同じ?

2_20090531190043.jpg

15階建てのJ棟


このマンションのポイントはいくつもありますが、最も注目したいのは、敷地内の木の多さ。空地率が高く、元々生えていた木も生かしながら、徹底的に様々な種類の木が植えられています。

DSCN0150.jpg

この木はここに元々あった木だと思います。(この先は提供公園です。)

DSCN0148.jpg

ちょっとマンションの敷地の中とは思えない程、うっそうとしています。

DSCN0133.jpg

DSCN0012.jpg

DSCN0007_20090531192954.jpg

植えられる場所には全部植えました。というぐらい木と草でいっぱいです。なかなか維持はたいへんだと思うのですが、木がどんどん大きくなって、手入れがきちんと入り続ければ、他ではなかなか無いマンションになりそうです。これからが楽しみです。


また敷地の各所に小さな公園もあって、周りを木に囲まれ、サイズも適当で落ち着けます。

DSCN0096_20090531193935.jpg

DSCN0139.jpg

この公園から奥に進むと小道になっていて、さっきのうっそうとした場所に出ます。



DSCN0078_20090531194859.jpg

このマンションはA棟からJ棟までありますが、ちょっと面白いのが、このH棟。最近の流行ですが、建物を水盤で取り囲み、リゾートホテルな雰囲気を出しています。

DSCN0115.jpg

DSCN0091_20090531194652.jpg

夏が近づく、これからの季節、ますます気持ちの良い空間演出です。

DSCN0087_20090531194551.jpg


その他、ザ・ライオンズは、共用施設が盛り沢山!
オープンカフェ、パーティールーム、音楽スタジオ、和のカルチャールーム、グルーミングルーム、コミュニティサロン、ゲストルーム、キッズライブラリー、屋内スポーツコート、ヒーリングルーム、フィットネスジムなどなど・・・。

DSCN0031_20090531200000.jpg

オープンカフェ!

DSCN0036.jpg

パーティールーム!

DSCN0034_20090531195947.jpg

キッズライブラリー!

これでもか!というほど施設が充実していて、この日も子供達がキッズライブラリーで集い、パーティールームではけっこうな人数でパーティが開かれていました。
敷地内を歩いていると、あいさつをしてくれる人も多く、オープンな印象のマンションです。
またここは、エコキュートが導入された省エネ型のオール電化マンション。フロントでは、タクシーの配車やクリーニングの取次ぎなどのサービスをコンシェルジュの人がやってくれます。
管理人室の前を通れば、ちょっと頑固そうな管理人さんが、精一杯の笑顔でお出迎え、これもいいかもしれませんが、フロントにコンシェルジュがいてくれるというのは、ホテルライクで気取った感じがいい。というよりも、いつも気軽に話しかけられる人がいるという安心感があり、なかなかいいものです。


池田市は大阪府内ではちょっとマイナーな場所ですが、阪急グループの小林一三など著名人も多く住んできた街です。特に山手エリアは、他府県から入ってくる人も多く、人気です。
ただ山手エリアは、坂が多いのがネックですが、このザ・ライオンズ池田は、駅からの道のりもほぼ平坦。近い距離に市立病院や図書館、市役所、スーパーなども揃った便利な立地です。
幅広い方々に花まる。ただまだまだ新しくて、ちょっと高めです。


■物件概要
物件名:ザ・ライオンズ池田
所在:池田市城南3丁目
交通:阪急「池田」駅から徒歩8分
築年数:平成19年3月築



大きな地図で見る


池田市の売出中の不動産物件はこちら

池田市の売出中のマンションはこちら

ザ・ライオンズ池田D棟の相場資料の請求はこちら

ザ・ライオンズ池田E棟の相場資料の請求はこちら

ザ・ライオンズ池田F棟の相場資料の請求はこちら

ザ・ライオンズ池田H棟の相場資料の請求はこちら

ザ・ライオンズ池田I棟の相場資料の請求はこちら

ザ・ライオンズ池田J棟の相場資料の請求はこちら
スポンサーサイト

ラ・ビスタ宝塚

2009年05月23日 21:03

zentai2.jpg

このマンションは宝塚市内でもっとも有名なマンション。ラ・ビスタ宝塚です。長尾山系の南斜面地にあって、宝塚市内のいろんな場所からその姿を見ることが出来ます。
夜とか早朝に目に入ると、「ラビスタの人はまだけっこう起きてるなぁ。」とか、「おっみんな早起きやな。」とかいう感じです。
実際、バス便のマンションなので、ちょっと早めに出掛ける必要があります。

eastvilla.jpg

平成5年竣工のラビスタ宝塚イーストヴィラ1番館

south2.jpg

1番手前にあるラビスタ宝塚サウステラス。この棟からは歩いて、「宝塚」駅まで通勤する人もいます。

estio.jpg

平成6年築のラビスタ宝塚エスティオ

zeintai.jpg

宝塚大劇場と花のみち、ずっと後ろの方、山手に見えるのがラビスタ宝塚

このマンションの魅力はいろいろ盛り沢山ですが、私の場合はプラン(間取り)の良さ、眺望、スケールバリュー、立地でしょうか。

まずプランですが、広くて贅沢。専有面積80平米、90平米は当たり前、100平米を超える住戸も数多くあります。そして棟によっては、片廊下がまったくありません。なんとワンフロア2住戸ごとにエレベーターが付いていて、どのお部屋もエレベーターを下りると、すぐそこが自分の家の扉。他には1住戸の玄関しかなく、ほとんど専用エレベーター感覚です。(この説明でどうか理解して下さい。)
バブル期ならではのお金のかかった造りです。

31721R-2.jpg

このプランはラビスタ宝塚サウステラスのものですが、どうですか。ワイドスパン、吹き抜け、両面バルコニー、センターイン、コーナーサッシ、ツーウエイキッチンなどなど魅力たっぷり。プライバシーも配慮されています。
上のプランはラビスタでは基本的なプランですが、工夫の凝らされたプランが他にも沢山あります。
また建物の躯体自体もお金がかかっており、特に贅沢なラビスタ宝塚ラ・メゾンは、CHS(センチュリー・ハウジング・システム)住宅の認定を受けています。これは100年の耐用年数を目指した規準です。コンクリートの厚みや質はもちろん、部品交換をしやすくする為、二重床、二重天井の構造になっています。


ラビスタ宝塚がある、『すみれガ丘』は、急坂の多い宝塚市内でも、指折りの傾斜地。段差のあるひな壇状の宅地に、各棟が配置され、多くの住戸から眺望が取れます。
マンション名自体『眺望』を意味していますから、これがないとラビスタではない?そんなことは決してありません。
六甲山系や甲山、宝塚市内、遠くは大阪市内の高層マンションや生駒山まで見えます。

view.jpg

室内からの素晴らしい眺めの写真はありませんが、敷地からでもこんな感じ。

また戸数がとにかく多いマンションなので、毎月のランニングコストが、部屋の広さの割に安い。また敷地が広いので、駐車スペースは平面式。来客用駐車場もあって、広いグラウンドや遊具が充実した大きな公園も各所にあります。

parking.jpg

駐車場棟 もちろん平面式です。

park2.jpg

周囲は緑ゆたかで、野鳥の姿もよく見かけます。

elevetor.jpg

棟と棟をつなぐ、斜行エレベーター。ちょっと楽しいです。

1_20090524082601.jpg

エントランスもちょっとゴージャスな感じ。

aproach.jpg

ゆったりとしたランドプラン。

2_20090524082726.jpg

他では、なかなかない開放感。

3_20090524082900.jpg

タウン内は坂だらけ。



最後に立地ですが、バス便ですが、本数が多くシャトルバス感覚で使え、最寄り駅が阪急とJR「宝塚」駅なので、各方面にスムーズにアクセス出来ます。
ただ、ラッシュ時は抜け道があるとはいえ、バスはバス道しか通りませんので、渋滞します。
そこは朝少しゆとりをもってもらうことでクリアしてもらうしかありません。

それよりもこの大阪平野の端っこの立地がわたし的にはたいへん魅力的です。
駅方面とは違い、ラビスタから西へ車を走らせると、宝塚市の北部や三田市、篠山市などの各方面に、ほとんど信号に引っかかることくアクセスできます。

休日には、宝塚市の西谷地区で新鮮な野菜をゲット、三田のアウトレットでショッピング、ウッディタウンで映画鑑賞、篠山で観光などなど、手軽に休日を思う存分楽しめます。


たとえば、途中信号機は確か1つだけ、車で15分ほどで着く宝塚市の西谷地区では…

1_20090523212558.jpg

西谷ふれあい夢プラザで、新鮮やさいの他、ヨーグルトやパンもゲット

2_20090523212552.jpg


3_20090523212546.jpg

宝塚西谷の森公園では、里山の自然に触れ。簡単なトレッキングも楽しめます。

G0010104758.jpg

他にも出掛ける場所のネタに困りません…。


様々な魅力がつまったこのマンションは幅広い方々に花まるです。
しかも1000万円前後から売出があってたいへんお手頃。また総戸数が多いので、常時、売出があって、中古にも関わらず、様々なプランの中から選べます。

■物件概要
物件名:ラ・ビスタ宝塚
所在:宝塚市すみれガ丘
交通:阪急・JR「宝塚」駅からバス乗車約10分
築年数:平成2年~平成20年



大きな地図で見る


宝塚市の不動産情報はこちら

ラ・ビスタ宝塚の売出中物件はこちら


ラ・ビスタ宝塚イーストヴィラ1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ウエストウイング1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ウエストウイング2番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ウエストウイング3番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚エスティオ1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚エスティオ2番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚オクシアの相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚サウステラス1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚サウステラス2番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ノースハイツ1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ノースハイツ2番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚プラーザコムズの相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚ラ・メゾンの相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚レフィナス1番館の相場資料の請求はこちら

ラ・ビスタ宝塚レフィナス2番館の相場資料の請求はこちら

コナ・ヴィレッジ(敷地を流れる小さな川)

2009年05月20日 16:50

1_20090520160620.jpg

コナ・ヴィレッジは、敷地の入口にオートロックがあって、まわりは高いフェンスに囲まれています。敷地の中は、プライベートなスペース。各棟の間はゆったり空間が取られ、敷地の地面は芝生とコンクリート。コンクリートには貝やビー玉が埋め込まれています。また各棟の周囲をぐるりと取り囲む様に、小さな川が流れ、1階の各部屋には、短い橋を渡って入ります。

2_20090520160734.jpg

1階の各住戸の入口にかかる小さな橋

4_20090520160856.jpg

コンリートが貼られた地面には貝殻やビー玉が埋められています。このマンションを設計された長谷川逸子さんも、自らビー玉を埋めに来られたそうです。

5_20090520161236.jpg

川の横にある円筒形のものは、照明と有線放送。瓦で、できていて夜には様々な形にあけられた隙間から、灯りがもれ、ヒーリングミュージック的なものが流れてきます。

6_20090520161736.jpg

この川には瓦が埋め込まれています。この瓦は淡路産。にぶく光るいぶし瓦です。
いろんな形の瓦が様々なリズムで並べられ、一見人工的な印象もありますが、じっくり眺めると自然の渓谷のようにも見えます。自然の渓谷も不規則なようで、場所によって階段の様に石が並んでいる場所もあります。

7_20090520162556.jpg

所々に木や花が生えています。

8_20090520162603.jpg

この花は自然の川、しかも源流に近い場所でよく見かけます。

12_20090520163047.jpg

川の中のビー玉

10_20090520162949.jpg

11_20090520162955.jpg

13_20090520163002.jpg

コナ・ヴィレッジには色々な設備もあって、管理はたいへんだと思うのですが、いつも植え込みや鉢植えの花木も手入れが行き届いています。分譲マンションでも、水の無い水盤、だれも使わない草が茂る公園などが珍しくない中、感心して眺めています。これからも宜しくお願い致します。


■物件概要
物件名:コナ・ビレッジ
所在:尼崎市常松1丁目
交通;阪急武庫之荘駅から専用バスで約12分
築年数:平成2年1月
構造:鉄筋コンクリート造8階建



大きな地図で見る


コナ・ヴィレッッジの賃貸情報

ソルフラッツ猪名川

2009年05月10日 19:33

DSCN0191.jpg

1_20090510184431.jpg

このマンションは、『ソルフラッツ猪名川』です。阪急「川西能勢口」駅から北西方向へ約10キロの距離にある『猪名川パークタウン』にあります。ちょっと都心からは遠いですが、建物、立地ともにグッドです。
猪名川パークタウン』は猪名川の西岸に広がる丘陵地にあって、周りの土地より一段高くなっています。このマンションはその端っこにあり、やや斜面になった敷地を生かし、ひな壇型に建物が構成されています。バルコニーからは緑が視界いっぱいに広がって、鳥の声や虫の声、カエルの声もよく聞こえ、都会とはまったくの別世界、郊外ならではの住環境です。

4_20090510184444.jpg

低層3階建て

5_20090510184451.jpg

宅配ボックスも設置された管理棟

DSCN0196.jpg

外壁は一枚一枚貼付けた様な味わいのあるタイル貼り

DSCN0188.jpg

オートロック付きの入口は複数有り、数戸だけが使うエントランスになっています。

DSCN0205.jpg

ルーフバルコニーや専用庭のあるマンションは多いですが、首をかしげるほどプライバシーの配慮は行われていません。手すりだけの吹きさらしのルーフバルコニー、何をしても周りから注目を集めてしまうルーフバルコニー、隣人と思わず見つめ合ってしまう気まずい専用庭などなど…。ほんとうにやめにしませんか!
しかし『ソルフラッツ猪名川』は違います。各住戸に広いルーフバルコニーや専用庭が付いていて、住戸間にはコンクリート壁が付いています。確かにコストがかかるとは思いますが、ずいぶん快適になります。
この日もタウン内の一戸建てのウッドデッキで、家族みんなでランチを楽しんでいる姿も見られましたが、周囲とゆるやかに遮られたスペースは、ほんとうにくつろいだ雰囲気でした。
ちょっと贅沢な空間かもしれませんが、もっとこんな住宅が増えた方がいいのになと思います。

6_20090510184457.jpg

駐車場は各エントランス横にあって、ほとんどが屋根付きです。しかもコンクリートで造られたルーフもあります。なかなか贅沢な造り。


郊外の、しかもバス便のマンションは、不動産屋に言わせると、資産価値が疑問?かもしれませんが、このマンションの希少性は、その原則をはね除けます。要は需要があるかどうか。他に同じ様なものが無ければ、絶対数は少ないですが、ニーズは必ずあります。
自然の中でお洒落に暮らしたい、週末は近場でゆっくりアウトドアライフも楽しみたい、そんなファミリーに花まるです。


■物件概要
物件名:ソルフラッツ猪名川
所在:川辺郡猪名川町若葉2丁目
交通:阪急「川西能勢口」駅からバス乗車約29分徒歩2分
築年数:平成14年7月
構造:鉄筋コンクリート造3階建
総戸数:155戸(A棟~D棟の合計)



大きな地図で見る

猪名川町のマンションはこちら

ソルフラッツ猪名川の相場資料の請求はこちら


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。