スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナ・ヴィレッジ(夕景)

2009年01月29日 09:33

コナヴィレッッジ夕景3

コナ・ヴィレッジの夕景です。今の時期、六甲山系の一番西端に太陽が沈みます。

コナ・ヴィレッジの屋根は、波のように緩やかにうねっています。材質はガルバリウム(恐らく!)で、鈍く銀色にひかり、このマンションは上から見てもなかなか見応えがあります。上階の作りは複雑で、最上階の部屋になると、同じプランはありません。様々な形の小さなルーフバルコニーが付いていることも多く、ルーフバルコニーには木が植えられています。

コナヴィレッッジ夕景2

南東方向には、遠くに梅田のビル街が見えます。またその後方には、生駒山系の山並みも見渡せます。


日が沈み、月が出ました。ちょっと電気代がもったいないぐらい、コナ・ヴィレッジに明かりが灯ります。(10時ぐらいを過ぎると、半分ぐらいの照明は消灯しますが。)

コナヴィレッッジ夕景5

よく分からない写真かもしれませんが、中庭のスペースを上から覗き込んでいます。7階からなので、少し足がすくみます。コンクリートが貼られてた地面には、貝殻やビー玉などが埋め込まれています。新築時は、設計者の長谷川逸子さんも自ら、その作業を手伝っていたと聞いています。中庭の上部には、はしごの様な網の様なものが付いています。(以前、高校生らいし数人がこの部分に乗って遊んでいました。結構勇気が必要です。)

夜になると特にきれいなスポットがコナ・ビレッジにはまだまだあります。またご紹介します。


■物件概要
物件名:コナビレッジ
所在:尼崎市常松1丁目
交通;阪急武庫之荘駅から専用バスで約12分
築年数:平成2年1月
構造:鉄筋コンクリート造8階建


大きな地図で見る

コナ・ヴィレッジの最寄り駅、武庫之荘駅の不動産物件の検索はこちら
スポンサーサイト

箕面リリーヴィレッジ

2009年01月25日 16:37

箕面リリーヴィレッジ1


箕面市内の”いないち”を走っていて、『何や!あの建物?』と思った人も少なくないと思うのですが、実は分譲マンション。箕面リリーヴィレッジと言います。またや遠藤剛生さん。しかもまた『~ヴィレッジ』です。(ヴィレッジ好きかもしれません。フラットも好きです。)

しっかり見ると、まるでうちゅう基地のようです。(上の写真の角度でこのマンションを見た人は少ないと思います。)箕面市と豊中市の市境の北斜面地に建っていて、まわりは一戸建てが立ち並ぶ静かな住宅地です。最寄り駅は阪急「桜井」駅。

箕面リリーヴィレッジ2

真下から見るとこんな感じです。建物がよく見えません!
マンションというよりは、”物体”という感じ。個人的にはかなり好きです。
本来は、北斜面地という不動産的にはかなり厳しい立地。
しかし結構、日も当たって、明るいのです。しかもどの家も専有面積が広くて、大きなルーフバルコニーが付いている事も珍しくありません。

箕面リリーヴィレッジ3

バルコニーからは箕面の山々を見渡せます。

箕面リリーヴィレッジ5

文句なく、カッコ良くないですか?

箕面リリーヴィレッジ6

このテイストのマンションは、まさに遠藤剛生。阪神間にはありません。
駅からはちょっと坂を上がるので、坂嫌いの人には駄目だと思いますが、その分眺望が取れ、箕面の山は自然林なので、新緑、紅葉、冬枯れ、雪景色とフルシーズン楽しめます。
脇目もふらず『こんなマンションに住みたかった』という方、眺望好きの方、ボーンっと広いリビングがいいという方には花まるです。


■物件概要
物件名:箕面リリーヴィレッジ
所在:箕面市牧落5丁目
交通:阪急箕面線「桜井」駅徒歩11分
築年数:昭和51年9月
構造:鉄筋コンクリート造5階建て


箕面リリーヴィレッジの売出物件はこちら

箕面リリーヴィレッジA棟の相場資料を請求する

箕面リリーヴィレッジB棟の相場資料を請求する

箕面リリーヴィレッジC棟の相場資料を請求する

箕面リリーヴィレッジD棟の相場資料を請求する

箕面リリーヴィレッジE棟の相場資料を請求する

宝塚ガーデンヴィレッジ

2009年01月20日 16:09

宝塚ガーデンヴィレッジ

今回は、宝塚ガーデンヴィレッジです。このマンションは平成13年築で、阪急「売布神社」駅の北側、すぐの場所にあります。カラヤンも訪れたという元有名料亭「松楓閣」の跡地に建てられており、周辺は長尾山系の麓、緑豊かな住宅地です。設計は私の自宅と同じ、長谷川逸子さん、事業主は私の元いた会社、販売は私の今いる会社と、何かと縁のあるマンションです。

宝塚ガーデンヴィレッジ2
エントランス内を流れ落ちる滝!

本当に久しぶりに訪れたのですが、一つ楽しみにしていた事がありました。このマンションのテーマは、「21世紀の故郷づくり」。20年後に敷地が森を形作ることを願って、約30,000本もの樹木が植えられています。建物完成時は、コンセプトから言うとまだ未完成で、20年後に完成します。私はこの経過が見てみたかったのです。


宝塚ガーデンヴィレッジ17

おっ!ツタが壁面を這い上がっています。レンガの汚れもいい感じです。着々と故郷化しています。安藤忠雄さんもコンクリートの汚れが味になると言っていましたが、この宝塚ガーデンビレッジも、まさに築年数の経過とともに、より魅力的になるマンションだと思います。しかし同じ長谷川逸子さんの設計でも私の住んでいるコナヴィレッジは、どうもそうでは無い気がします。それは素材の違いであったり、ペンキで塗った部分が多いからでしょうか。ちょっと油断すると、壁はまだら模様、バルコニーは錆だらけで、ただのボロに見えます。

宝塚ガーデンヴィレッジ15

宝塚ガーデンヴィレッジの敷地は、エントランスのオートロックで外と遮断され、プライベートなスペースになっています。敷地はずいぶん広く、徒歩4分表示の物件にも関わらず、奥の棟であれば、部屋まで辿りつくのに、エントランスから更に3分~4分歩かなければなりません。しかし道の途中、各所に水盤や彫刻、橋などが配置され、目を楽しませてくれます。

宝塚ガーデンヴィレッジ5

宝塚ガーデンヴィレッジ7



その他、エントランスホールの2階にはライブラリーもあり、入居者の人たちが本を共有しています。ここは日当りがよく、子供たちが出現しない時はゆっくりと時間を過ごせます。訪れたこの時も、女性がノートパソコンを開き、仕事かなにかをされていました。
またその奥にはプールもありますが、使えるのは夏だけ。ただブルーのお洒落なタイル貼りで、これも目を楽しませてくれるオブジェ的な存在でもあります。

宝塚ガーデンヴィレッジ11

宝塚ガーデンヴィレッジ16


駅が近く、第一種低層住居専用地域内の閑静な住宅地で、スケールバリューもあるデザイナーズマンション!言う事はありません。ただ売布神社はちょっと地味な街なので、洒落たお店はあまりありません。そんな所もひっくるめて楽しめる方には、花まるです。


■物件概要
物件名:宝塚ガーデンヴィレッジ
所在:宝塚市売布4丁目
交通:阪急宝塚線「売布神社」駅徒歩4分
築年数:平成13年2月
構造:鉄筋コンクリート造3階建て


宝塚ガーデンヴィレッジの売出中の物件はこちら

宝塚ガーデンヴィレッジの相場を調べたい方はこちら

コナ・ヴィレッジ(最上階の楽しみ)

2009年01月12日 20:06

スズメ


コナ・ヴィレッジ最上階の楽しみは、色々ありますが、今回はスズメ。
最上階では、あまり気兼ねなく、鳥の餌付けが出来てしまいます。鳩とカラスは不要ですが、結構スズメはかわいいものです。スズメもいろいろ個性があり、部屋の中まで入ってきて、エサをとるスズメもいます。

スズメ


本当はメジロなんかが来てくれるといいのですが…、それはこれから挑戦してみます。近くに『武庫公園』という大きな公園があって、桜の花にたくさんのメジロが来ていました。結構いることはいる様です。

スズメ


水を飲める様に小さな器に水をためているのですが、スズメのちょっと恐い部分を見る事になります。いつもはぎこちない、せわしない動きをしていて、そんな動きしか出来ないと思っていると、実は水を飲む時だけは、ゆ~っくりと首を降ろして、うがいをする様に水を飲みます。たぶんほとんどの人が、その姿は見た事がないのでは。


■物件概要
物件名:コナビレッジ
所在:尼崎市常松1丁目
交通;阪急武庫之荘駅から専用バスで約12分
築年数:平成2年1月
構造:鉄筋コンクリート造8階建


大きな地図で見る

千里山ロイヤルマンション

2009年01月12日 12:53

千里山ロイヤルマンション


このマンションはあの『千里山ロイヤルマンション』です。この近未来的な外観、なかなかインパクトがあります。空中廊下を用いたマンションは数多くありますが、これ以上分かり易い空中廊下はありません。
設計は、遠藤剛生建築設計事務所。遠藤剛生さんは数々の建築に関する賞を受賞していますが、このマンションでも『第1回大阪市景観建築賞大阪府知事賞』に輝いています。

千里山ロイヤルマンション

千里山ロイヤルマンションは1番街から4番街まであって、敷地もずいぶん広いのですが、土地形状は斜面地で、住宅の用地としてはけっして恵まれたものではありません。

しかし、その起伏をうまく生かした敷地配置になっており、棟内を散策すると様々な景観が広がります。緑も多く、居ながらにして季節の移り変わりを感じる事ができます。ただ敷地も建物も複雑で、行きたい部屋にはなかなか行けません。

千里山ロイヤルマンション
秋の紅葉もきれいです。


千里山ロイヤルマンション
空中廊下

また棟内を歩くと、ベンチや砂場など様々な共有スペースが見つかります。しかもそれが上層階の廊下の途中にあったりもします。まさにコモンスペースで、居住者どうしのコミュニケーションの場の提供です。

千里山ロイヤルマンション

駅からも近く、『服部緑地』にも歩け、立地もなかなかグッドです。
少し古さが気になる人もいるかもしれませんが、そこはリノベーションでカバー、新築にはない、より自分の暮らしにフィットする家が実現出来ます。
千里山ロイヤルマンションは、もともと有名マンションですが、私の中でも、ポイントは非常に高く、関西でも指折りの花まるです。


■物件概要
物件名:千里山ロイヤルマンション
所在:吹田市千里山西4丁目・千里山竹園1丁目
交通:北大阪急行線「緑地公園」駅徒歩8分
築年数:昭和55年2月~昭和60年3月
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造5~11階建て

千里山ロイヤルマンションの売出はこちら

リノベーションの事例はこちら

千里山ロイヤルマンション1番街A棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション2番街B棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション2番街C棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション2番街D棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション3番街E棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション3番街F棟の相場資料を請求する

千里山ロイヤルマンション4番街G棟の相場資料を請求する


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。