スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウンハウス夙川

2013年03月23日 21:24

R0039208.jpg

このマンションは、タウンハウス夙川です。
阪急「苦楽園口」駅から東へ徒歩約14分、やや高台の静かな住宅地にあります。
近くには火垂るの墓の舞台で有名なニテコ池や、もう移築されてしまったようですが、松下の創業者・松下幸之助氏の私邸『光雲荘』があった場所などがあります。また桜の名所も多いところです。



R0039206.jpg
敷地中央の通路


低層4階建ての建物が、敷地中央の通路を挟んで、東西に各2棟、全部で4棟建っています。切り妻の屋根が連続し、屋上はルーフテラスになっている為、一部上部が抜け、コンクリートの梁だけの形状。外壁は一部タイル張りで、フィックスの窓が多く設けられています。


R0039202.jpg
タウンハウス夙川B棟


R0039229.jpg
タウンハウス夙川C棟


プランは、なんと全戸メゾネットタイプ! その上、専用庭かルーフテラスが付いていて、アウトドアの空間も楽しめます。建物は壁式工法で、室内に柱のでっぱりがありません。(ただその分、リノベーションの際には、間取り変更に制限があります。)


R0039226.jpg


R0039227.jpg
A棟は各戸が細い通路で結ばれています。




敷地の各所に植栽スペースが設けられ、敷地の東隣は公園。各家の前にも鉢やプランターが置かれ、たいへん緑豊かです。新緑や紅葉など、部屋の窓からも季節の移り変わりが感じられそうです。(ただ訪れたのが、3月だったので、写真からはあまり、伝わらないかもしれませんが…。) 敷地の木々はよく手入れされていて、敷地の周囲には、ぐるっと植栽スペースがあり、街の景観にも貢献しています。

R0039204.jpg
R0039233.jpg
R0039213.jpg
R0039199.jpg




話は飛びますが、マンションを見るときどこに注目されるでしょうか。マンションを買うとき、よく言われるのが、『マンションは管理を買え。』という言葉。その際、チェックするポイントは、植栽の手入れやゴミステーション・自転車置き場の清掃、整頓具合など。これらからは、管理会社の良さだけでなく、住人の管理に対する意識も伝わってきます。あくまでも推測ですが、けっこう当たっている事も多いと思います。

これ以外、私がマンションを見るとき、気になるのは、マンション内にとめてある車です。そこから年齢層や所得層、どんなセンスの人が多く集まっているのか、自分に合いそうかを推測します。
このタウンハウス夙川にとまっている車を見ていて、「ここに住みたい!テンション」が上がってしまいました。(買ったばかりですが、ここでもよかったかも…)



R0039219.jpg



タウンハウス夙川の相場は、2,000万円以下と比較的手頃。広さは80平米前後、総戸数が少ないので、売出は一年に一回あるかどうかです。
自然環境に恵まれていて、学校やスーパーにもそこそこ近く、子供のいるファミリーには特に花まるです。


タウンハウス夙川の物件概要
所在:西宮市神垣町
交通:阪急甲陽線「苦楽園口」駅徒歩14分
階数:4階建て
築年:昭和55年4月
総戸数:34戸

タウンハウス夙川を『マンション大全集』で詳しく見る




大きな地図で見る
スポンサーサイト

西大島住宅

2012年12月21日 22:47

R0036807.jpg

R0036774.jpg


このマンションは、西大島住宅です。
阪神「武庫川」駅から北方向へ徒歩約15分、尼崎市、武庫川沿いの住宅地にあります。

西大島住宅は、昭和38年築(1963年)。新築されてから約50年が経っていて、この周辺エリア(阪神間-北摂)の中では、JR「甲子園口」駅、駅前の昭和34年築(1959年)の興信ビルに次いで二番目に古い分譲マンションです。
兵庫県住宅供給公社によって分譲され、建物は低層3階建て。北棟と南棟の2棟があり、敷地の中央には芝生の中庭が設けられています。


R0036803.jpg
冬の撮影なので「茶」ですが、夏は、芝生の緑がきれいです。




日本最古の鉄筋コンクリート造りのマンションは、有名な長崎の軍艦島にある集合住宅で、建築はなんと大正5年(1916年)。約100年近く経って、海風にさらされ続けても、まだちゃん壊れずに立っています。(最近はツアーもあるみたいで、ぜひ近々行きたい!)

日本最古の現役の鉄筋コンクリート造りのマンションは、同潤会アパートの一つ 「上野下アパートメント」(昭和4年築 1929年)で、他の同潤会アパートは表参道ヒルズの様に、すべて建て替えられてしまっている様です。(残念…。)



R0036781.jpg
西大島住宅の全景。北棟と南棟の2棟があります。


これらの建築に比べれば、西大島住宅はまだまだ新しい気もしますが、もっとも古い「分譲」のマンションは、東京の渋谷区にある「宮益坂アパート」(昭和28年築 1953年)らしく、(以前は昭和31年築の「四谷コーポラス」と思っていましたが…。)それを考えると、西大島住宅は、分譲マンションのまさに創成期にあたるマンションの一つと言えるのではないでしょうか。(あと50年ぐらい維持して欲しいのですが…。)

建物はちゃんと手入れされていて、見た目、ほとんど傷みはありません。よく見ると、どことなく風格を感じます。
建物南面は、横一線にバルコニーの手すり部分があるだけで、ほとんど凹凸のないシンプルなデザイン。逆に北面は、廊下、出窓、ユーティリティ部分があり、ちょっと複雑な形をしています。

R0036785.jpg
建物南面

R0036766.jpg
建物北面はデコボコしています。

R0036840.jpg
入り口にある掲示板


廊下の形は、団地によくあるタイプですが、内廊下になっていて、屋上に続く階段も付いています。廊下に面した窓はトイレの窓。(今は改装されている窓が多いですが、元々の窓枠は全て鉄製だと思われます。)プランはちょっと狭めで、51平米の3Kタイプ。ただ続き間プランになっているので、区切ったり、つなげたり、ちょっと工夫して使えば、ある程度の人数でも十分住めます。また敷地内には、各戸用に、便利なトランクルームが付いています。

R0036835.jpg
階段は内廊下で、窓が付いています。

R0036839.jpg
玄関横のトイレの窓

R0036822.jpg
シンプルなデザインの玄関扉

西大島トランクルーム
トランクルーム(なかなかの容量!)

もし住むとしたら、スケルトンリフォームもいいですが、もし分譲時の内装が残っていれば、一部だけでもうまく再利用して、リフォーム、リノベーションするのもいいんじゃないかと思いました。

R0036826.jpg
この質感がナイスです。


西大島住宅はシングル、ディンクス、ニューファミリーに花まる。お値段もお手頃。武庫川が近いので、気軽にウォーキング、ジョギングも楽しめます。(河口で釣りも出来ます。)

西大島住宅の概要
所在:尼崎市大島2丁目
交通:阪神本線「武庫川」駅徒歩15分
築年数:昭和38年12月
構造:鉄筋コンクリート造3階建て




大きな地図で見る

マンション大全集で、西大島住宅を見る
南棟はこちら
北棟はこちら

お世話になりました。コナヴィレッジ

2012年11月21日 19:24

IMG_20120718_181945.jpg


約17年ほど、住んだコナヴィレッジからとうとう引っ越しました。
一度住んでしまうと、ここに代わる場所がなく、ずるずると住み続けました。
コナが売りに出れば、買って一生住んだかもしれません。(当然コナは賃貸マンションです。)


IMG_0398.jpg



敷地に入った時の、外とは違う空気感。ぜんぜん見飽きないデザインの良さ。
たまに入るプールと、たまに使うトレーニングマシン。いつもカウンターに人が居てくれる安心感。
夏涼しく、冬暖かな地下駐車場。部屋は決して広くはないけど、柱の出っ張りがなくて、ハイサッシの圧迫感のない空間。



IMG_0396.jpg


ただ、すでに40才をすぎ、もうそろそろいい加減にしないと。と思い、初めて家(マンション)を買い、コナを出ました。(30年ローンを組もうとすると、激しく後輩社員(FP資格者)に止められました。)

最後に大人になってからは、見たことない。くっきりとした色の虹がコナヴィレッジの部屋から見えました。



IMG_0374.jpg

たいへんお世話になりました。
このバブルの遺産的な、希少なマンションが長く、維持されることを期待します。

サンクタスコート芦屋

2012年09月22日 20:32

1_20120922194805.jpg


このマンションはサンクタスコート芦屋です。
阪神打出駅から南へ徒歩9分、浜町の静かな住宅地にあります。

11_20120922195328.jpg
敷地北側の前面道路。車道との間に歩道と緑地スペースがあります。

設計は建築家の大江匡。たくさんの賞を受け、近所では、宮塚町にある高級賃貸マンション「芦甲館」。大阪市内では、研修宿泊施設「クロス・ウェーブ梅田」やソニータワーの跡地に建った「ラ・ポルト心斎橋」などを設計されています。


2_20120922194804.jpg
敷地北側にあるエントランス(非接触型カードによる認証システムが採用されています。)


約7,700平米の広々とした敷地に、高層1棟の「レイトラルハウス」と低層5棟の「バーティカルヴィラ」が配置されています。他のマンションとはまったく違っていて、北側はエントランスがあり、壁面にはガラスが多用されていますが、その他、東、南、西の面は、まるでお城のように、高い壁で覆われ、ほとんど開口部が見当たりません。このサンクタスコート芦屋は、これまでのいわゆる田の字型プランに疑問を呈し、間取りプランから建物を発想する考えで設計されています。

R0033458.jpg
建物の南面 ほとんど開口部がありません。

10_20120922194827.jpg
建物の西面には車用の大型ゲートがあり、車の出入りが出来ます。(リモコン付き)


サンクタスコート芦屋のプランは、玄関を入ってすぐの場所にある8帖以上のパブリックリビング(土間空間)。廊下がなく玄関からバルコニーまで、13mの距離が一つになった居住空間。室内から愛車がながめられるビルトインガレージ。上下の空間のつながりが感じられる螺旋階段。吹き抜けやテラスの付いた3層のメゾネット。光を取り入れ、外部の気配まで感じ取れる壁一面のガラスブロックなど…。様々です。


8_20120922194830.jpg
「バーティカルヴィラ」の外観

オートロックのエントランスを抜けると、コンシェルジュによるサービスが受けられる2層吹き抜けのラウンジがあります。ラウンジにはソファセットの他、ピアノもあってホテルのような雰囲気。ラウンジから南方向には、センターコートと呼ばれる中庭が広がっています。

6_20120922194801.jpg
二層吹き抜けのラウンジ

4_20120922194802.jpg
ラウンジにはピアノやソファセットが配置され、中庭(セントラルコート)が眺められます。

7_20120922194800.jpg
敷地中央にあるセントラルコート


学校や買い物施設などが近くに揃っていて、美術館などがある文化ゾーンも徒歩12分ほどの距離にあります。
プランは、専有面積100平を超えるゆとりの2LDKから4LDKが中心。サンクタスコート芦屋は、個性的な暮らしを求める方や海外生活が長かった方、車が大好きな方にも花まるです。

サンクタスコート芦屋の物件概要
所在:芦屋市浜町
交通:阪神「打出」駅徒歩9分
築年:平成17年11月
総戸数:94戸



大きな地図で見る

日商岩井第10緑地公園マンション

2012年09月02日 22:24

R0032973.jpg


このマンションは、日商岩井第10緑地公園マンションです。
北大阪急行「緑地公園」駅から南西方向へ徒歩4分、駅近の住宅地にあります。

周りは区画が整っていて、すぐ西側には服部緑地が広がる抜群の環境。この界隈には分譲マンションがたくさん立っていますが、この日商岩井の緑地公園マンションシリーズは、その中で最多、全13棟もあります。(次に多いのが、ライオンズマンションです。) 
日商岩井緑地公園マンションからはじまり、日商岩井第14緑地公園マンションまで。年代で言うと、昭和52年から昭和58年の6年間に建築されています。何故か、第9だけがない。理由は分かりません。4は飛ばされていないので、不吉な番号を避けた訳ではなさそうです。分かりませんが、1棟まるごと販売されて、名前が変わったのでしょうか。全13棟の中で、私にとって特別なのが、この第10と第12です。他は、よくあるタイプのマンションなのですが、何故かこの2棟だけが、違います。


R0032981.jpg
東側から見た外観 一見シンプルに見えて結構複雑


R0032978.jpg
最上階まで突き抜けたポールに円形のバルコニー

R0032989.jpg
コンクリート打ち放しのエレベーター棟

R0032986.jpg
市松模様タイル張りのエントランス周り

プランは90平米台の4LDKタイプが中心。全て角住戸になっていて、部屋の各所にバルコニー、窓が付いています。価格は2,000万円前後。総戸数が少ないので、めったと売りには出ません。豊中市の端っこにあって、公共施設まではやや距離があります。
日商岩井第10緑地公園マンションは出張が多かったり、普段から遅くまで仕事をしているご主人さんのファミリーに、特に花まるです。休日は服部緑地で、ジョギングや家族でランチを楽しむ。カッコいいですよね。

R0032999.jpg


日商岩井第10緑地公園マンションの物件概要
所在:豊中市寺内1丁目
交通:北大阪急行「緑地公園」駅徒歩4分
築年:昭和55年4月
構造:鉄筋コンクリート造5階建て
総戸数:14戸


大きな地図で見る


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。